ストレスがもたらす心の病気と治療法について

簡単にできる精神病対策

バインダー ストレスなどによってうつ病になってしまった場合は、早めに検査を受けてどのような問題があるか確認すべきです。精神病のチェックは医療機関で受けられますが、簡易的なチェックを頼める所もあるので自分の精神状態を調べられます。

詳しく見る

とりあえず判断する方法

悩む人 医療機関が公開する、うつ病用のチェックリストがあるので、活用すれば簡易的な自己判断が行えます。もしも、うつ病の疑いが濃厚ならば、チェックリストをプリントアウトしてドクターに見せれば、診察の参考にしてもらえるでしょう。

詳しく見る

心の病気の特徴

女性たち うつ病かどうか疑わしい場合は、セルフチェックを行ってみましょう。また、治療は抗うつ剤の服用とカウンセリングが中心となります。家族の支えも非常に重要で、かつ簡単な行動療法なども効果的な治療法の一つです。

詳しく見る

うつを改善するためには

悩む男性

うつの症状やその治療方法とは

うつ病は、ストレスが原因で発症してしまう精神病の一種です。普段は元気な人でも些細なことで発症してしまうことは珍しくないので、いつ誰がなってもおかしくない病気と言われています。特に、普段真面目で責任感が強い人ほど発症する可能性は高く、発症後も自分を責めたり自己嫌悪に陥り、症状が悪化しやすいと言われているので要注意です。主な症状は、肉体的なものと精神的なものに分けられます。例えば肉体的なものだと、食欲がわかない、ある特定のものしか食べなくなると言った摂食障害、眠れない、または起きられないなどの睡眠障害、慢性的な頭痛、吐き気、めまい、肩こり、性欲の低下などです。精神的なものだと、倦怠感や絶望感が続く、自分がダメな人間だと感じる、何をしても楽しくない、などです。特に肉体的な症状が主として出ている場合は、自分がうつ病であると気づきにくいため、気づいたときにはかなり進行していたというケースも少なくありません。上記のような症状が見られた場合は、ただの不調と考えずにまずはうつ病であるかのセルフチェックをしてみるのがおすすめです。セルフチェックは、インターネットサイトで簡単に行うことが出来ます。いくつかの項目に答えていくだけで、うつ病であるかどうかの可能性が算出されますので、可能性が高いと診断された場合にはすみやかに専門のクリニックを受診してみましょう。うつ病の治療は、専門クリニックで行うのが基本です。初診の際には、セルフチェックの結果を印刷して持参すると、問診がスムーズになるのでなお良いでしょう。

専門クリニックでは、医師とのカウンセリングによる治療と、抗うつ剤と呼ばれる薬を使った投薬治療が中心となります。カウンセリングでは、今現在現れている症状や、抱えているストレスなどを話し、少しずつ心のコントロールをしていくことが目的です。人と話すのが苦手な人は、あらかじめ話すことを紙に書いてまとめておくなどの工夫をするのがおすすめです。抗うつ剤は、非常に多くの種類があるため医師が判断しその人に合った薬を処方し、服薬を続けていきます。ただし、投薬はすぐに結果が出るものではありません。長期間服用を続けることで少しずつ効き目が現れるものですので、効果が出ないからと言って勝手に服用を中断したりするのはNGです。医師に言われた用法容量を守り、服用を続けていきましょう。また抗うつ剤は副作用が出ることがあります。多くの場合は服用を続けることで徐々に落ち着いてきますが、副作用がひどい場合には、医師に相談し薬の変更をしてもらうと良いでしょう。うつ病の治療は、カウンセリング方法や抗うつ剤の種類が一人一人異なるので、医師はオーダーメイドのように一人一人と向き合って治療を進めていきます。自分に合った治療法を提案してもらうためにも、重要なのは初診です。セルフチェックの結果や、現れている症状、うつ病の原因と考えられるストレスなどは、出来るだけ細かく医師に伝えることが大切です。出来るだけ多くの情報を伝えることで、的確な治療方法が見えてくるからです。細かく内容をチェックしながら、健康な心と体を取り戻すために治療を行いましょう。

Copyright© 2019 ストレスがもたらす心の病気と治療法について All Rights Reserved.