ストレスがもたらす心の病気と治療法について

心の病気の特徴

女性たち

うつの症状の特徴や治療法について

うつ病を患っている人は少なくありません。ストレス過多と言われている現代、うつ病の認知度も広まってきており、患者の苦労も少しずつ周囲に理解されるようになってきました。うつ病の症状は、身体的なものと精神的なものに分かれます。よくある症状は精神的なもので、倦怠感や憂鬱感などの負の感情が長く続くというのが特徴です。ただし症状は人によってかなり差があるため、身体的症状が多く現れる人もいれば、食べられない、または食べ過ぎなどの摂食障害が主な症状として現れる場合もあります。しかし、共通している症状もあるので、それを覚えておくと良いでしょう。自分がうつ病ではないかと感じたら、まずは簡単なチェック項目を確認します。主要なチェック項目は、何にも興味が湧かなくなってきた、何をしても楽しいと感じなくなった、性欲が低下した、朝スッキリ起きられなくなった、などです。この項目はどのような症状が現れている人でも基本的に当てはまることが多いので、すべて当てはまるようであれば、うつである可能性は非常に高いと言えます。すぐに専門の病院へ行くと良いでしょう。心療内科や総合病院の精神科へ行くのに抵抗がある、という人も多いですが、そのような場所は決して怖いところではありません。受付や診察に通されるまでなどは普通の病院と何ら変わらないため、臆せず勇気を出して、病院へ行ってみることから始めましょう。うつ病の治療は、自分だけでは出来ません。抗うつ剤など特殊な薬を投薬しながら少しずつ治療していくのが普通なので、病院へ通うことは必ず必要になってきます。

うつ病かどうかを病院でチェックするためには、様々な検査が必要です。血液検査などの身体検査を始め、細かな問診票や脳のチェックなども行います。結果から総合的に判断し、医師がうつ病であると判断します。正確にうつ病であることが判明したら、すぐに治療を開始します。治療に使用される抗うつ剤は、意欲を向上させるタイプ、心を落ち着かせるタイプなど効果が種類によって異なり、いくつもの数が存在します。その中から、医師が個人を診察しその人にあったものを処方していきます。抗うつ剤は、服用を始めてすぐに効果が現れるものではありません。長期間服用を続けていくことで少しずつ効果が現れるものなので、まずは根気よく続けていくということを目標にしましょう。また、併用して医師とのカウンセリング治療も行っていきます。医師とのカウンセリングでは、抱える悩みやストレスを対話を通じて明確にしていき、適切なアドバイスをもらったりしながら心をコントロールしていきます。カウンセリングは毎日というわけではなく、週1回から月1回まで、個人によって回数を変更して行っていきます。また行動療法として、出来るだけ朝日を浴びるようにする、簡単な運動を行う、三食きちんと食べる、などの行動も効果的と言われています。しかし、闘病中はこのような普通の行動も難しくなってくるため、家族の支えというのが非常に重要になってきます。また、うつ病を発症しないためにも、日ごろからストレス解消法を確立させておく、家族間で定期的にチェックを行うなどの対策も有効と言えます。

Copyright© 2019 ストレスがもたらす心の病気と治療法について All Rights Reserved.